面倒な作業は業者に丸投げ!瓦礫選別を依頼しよう
茶色のイラスト

住宅の建替えやリフォームで発生する瓦礫の処分!瓦礫選別の知識

工事をする前にチェック

住宅の環境を改善したい人には、建替えやリフォームがおすすめです。そして、建物を解体する場合にはゴミが出てきます。廃棄物として扱われるでしょう。瓦礫選別も専門業者に依頼できるのです。また、瓦礫によっても処分方法が変わってくるでしょう。基礎知識として、廃棄物の処理方法を紹介していきます。

面倒な作業は業者に丸投げ!瓦礫選別を依頼しよう

瓦礫

木材の処分

一般的な住宅には木材が使われていることが多いでしょう。この木材も廃棄物として扱われます。瓦礫選別をすることで、きちんと処理できるのです。一般的に粉砕されて加工されます。木材はリサイクルしやすい瓦礫なのです。

瓦礫の処理

瓦礫選別によって発生した瓦礫類は、再生骨材として再利用されることになります。基本的に加工専門の業者によって粉砕されてから処理されるでしょう。瓦礫を細かく砕いたあとに、路盤材として活用するのです。

プラスチック類の処理

住宅を解体した場合、塩ビ系プラスチックが出てくるでしょう。基本的に塩ビ系プラスチックは焼却時にダイオキシンを発生させてしまうため、埋立処分をすることが多いのです。プラスチックの種類によっては固形燃料に加工することもできます。

ガラス類の処分

窓ガラスなど、住宅にはガラス類が多く使われています。瓦礫選別で大まかに選別するでしょう。こちらもほとんどの場合は埋立処分をすることになるのです。ガラスだけであれば再加工も可能でしょう。

広告募集中